筑紫楽所 韓国公演
2008年5月11日 韓国の通度寺にて約600人の観客を前に「奉納楽」を披露しました。
雅楽は日本の伝統音楽ですが、日本の文化は仏教など中国や韓国から伝来しており、恩返しの思いも演奏に込めました。観客にも熱心に聴き入っていただき、大変意義ある公演となりました。

2006年5月12日西日本新聞朝刊でも取材記事が掲載されました。
》筑紫楽所公式サイト