商工会主催の商談会で、ボンラパスの食品のバイヤーに奈良漬を気に入っていただき、取引が始まりました。

ポイントは、地元の農家に露地物の瓜を頼み、地元の蔵元が手造りで漬け、美味しい事だそうです。つまり、食の安全と地産地消で、目の届く範囲で全て行われていることです。

ボンラパスと言えば、お洒落な、高級志向のスーパーで、取引が出来て嬉しい限りです。

今後は、清酒、焼酎、梅酒など置いていただくよう努力していきたいと思っています。